ケロリン桶

骨董市やフリーマーケット、リサイクルショップなどが大好きで、そんなお店の棚の奥に埃のかぶったような、私にとってのお宝を見つけた時は喜びも一入です。

で、毎回お店を一回見て回っただけでは飽き足らずグルグルグル場内を歩き続け、陳列されてる品物の奥の奥まで見て回っています。

そんな時見つけたのが、これ、銭湯の『ケロリン桶』。

ポリプロピレン製の黄色い風呂桶です。

昭和の時代に銭湯で使われていた懐かしい桶。

これがドササササッと。

一個200円で。

もちろん速攻で買いました。

もう銭湯自体少なくなっていますし、温泉などに行っても今時この桶を使っているところは見かけません。

使っているところはあるのかもしれませんが、昔のようにどこの銭湯へ行っても『ケロリン桶』ということはもうないでしょう。

さてその後『ケロリン』『ケロリン』とこの風呂桶を楽しく使っていたある日、用事で富山駅に寄った際、売店の隅に『ケロリンボディタオル』を発見しました。

電車のわずかな待ち時間内に早速これも購入。

そんなあんなで時間が経って今日では、それなりに苦労して手に入れたケロリングッズがネットで買えるそうで。

見てビックリの豊富なラインアップ。

時代は変わったものです。

しかし私としては、この『ケロリン桶』と『ケロリンボディタオル』で十分かな、と。

『ケロリン風呂椅子』もあるようでしたが、椅子には椅子でまた別の拘りがあって、檜の椅子を使っています。

檜の椅子にケロリン桶とケロリンボディタオル、ついでにお気に入りの手作りハーブ自然石鹸で、お風呂の時間はこれでばっちり、至福の一時です。

フィンペシアの通販ならこちら