化粧水メインのスキンケアでニキビを改善

Tゾーンは皮脂が過剰でテカテカ、頬は乾燥してカサカサの混合肌です。
ニキビができるのは、皮脂が多いおでこと、乾燥しがちな頬の部分。
場所によって肌質が違うので化粧品選びに悩んだのですが、ニキビを治すにはニキビ用が良いかなと思って使っていたら、乾燥が進んでしまったせいか、より状態が悪化してしまいました。
混合肌の原因は、肌の水分不足。
私の肌にはニキビ用の化粧品は、さっぱりとしすぎたのだと思います。

肌に水分を与えるため、ニキビ用の化粧品を中止し、保湿を重点的に行うようにしました。
ニキビが悪化するかも、と不安になりましたが、保湿ケアに変えてから自然とニキビができにくくなりました。
水分不足からくる過剰な皮脂分泌が抑えられたこと、乾燥から起こる毛穴詰まりが改善されたことが理由だと思います。
大人ニキビは乾燥対策がカギ、と言われますが、その理由がよく分かりました。

保湿対策で効果があったのが、化粧水のダブル使いです。
さっぱりとした感触の化粧水をつけた後、とろみのあるしっとりタイプの化粧水を重ね付けします。
保湿力の高い美容液やクリームを使ってみたこともありますが、しっかりと化粧水をつけないと効果が実感できなかったため、化粧水をメインにしたスキンケアを心がけました。

とろみがある高保湿タイプの化粧水が効果がありそうに思えましたが、いくらつけても肌に浸透する感じが得られず、表面を上滑りするだけ。
試しにその前にさっぱりタイプの化粧水を使ってみたら、自然とすっと肌に入っていったので、この方法を継続することにしました。

最初にさっぱり系の化粧水をコットンを使って、肌がひんやりするまで優しくパッティングして馴染ませます。
その後手のひらで軽く押さえて肌に浸透させたら、とろみ系の化粧水を手のひらで優しく馴染ませます。
しばらく時間を置いた後、再びとろみ系の化粧水を重ね付け。
これでもか、というくらい化粧水を使用し、肌に水分を入れ込みました。

混合肌でニキビができやすい人は、化粧水の見直しをおすすめします。

デトランスα 通販